延納制度

延納制度とは、一定期間内であれば、入学手続き(入学金の納付)を延期できる制度です。
 

入学手続き金

合格が決まった場合、規定の期日までに「入学手続き金」を納付しなければなりません。「入学手続き金」には、「入学金」「施設費」「諸会費」「授業料(一年分又は一部)」などが含まれています。本来は、この「入学手続き金」を期日までに納付しない場合は、入学許可が取り消されてしまいます。
 

延納措置

併願校・すべりどめ校の全てに「入学手続き金」を支払ってしまうと受験生の負担が重過ぎるため、一部の中学校(特に1月入試校)では「延納」を認めています。
 

延納措置の種類

延納措置は大きく分けて以下の3つに分類できます。
 
1.指定期日まで全額延納可
この場合は、金銭を支払わずに他校の合否結果を待てます。
 
2.入学金以外を延納可
「入学手続き金」のうち、「入学金」だけを納入しなければいけませんが、他校に進学する場合には、その一部もしくは全額が返金されます。
 
3.入学金の一部(延納手続き金)を延納手続き時に納める
5000円~50000円程度の延納手続き金を支払います。その学校に入学すれば、入学金に充当されますが、入学辞退の際には返金されません。

  • 最終更新:2008-06-25 10:54:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード