入試解禁日

入試解禁日とは、あらかじめ定められた「中学受験の入試開始日」のことです。各都道府県の私学協会は、毎年、入試解禁日を決めています。「入試解禁日」を設定することにより、優秀な受験生獲得の為の「青田買い」を防ぐことができます。
 
例外:以下のような入試については入試解禁日の対象外となります
・帰国生対象の「帰国入試」
・推薦入試などの特別入試
 

首都圏の入試解禁日

・東京都・神奈川県:2月1日
・千葉県:1月19日
・埼玉県:1月10日
・東京会場入試:1月
1月に実施される千葉・埼玉県の中学入試と、地方校の東京会場入試のことを「1月入試」と呼びます。(1月入試を行う中学校を「1月校」と呼びます)東京都・神奈川県の中学受験生が、1月入試で腕試し(「ためし受験」)するケースも多くみられます。
 

関西地区の入試解禁日

・大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県:1月19日
近畿2府4県の中学受験生が、岡山県(入試解禁日が早い)の中学校を「ためし受験」するケースも多くみられます。

  • 最終更新:2008-06-23 14:36:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード