サンデーショック

サンデーショックとは、2月1日が日曜日になることにより、おこる現象・入試状況の変化のことです。ミッションスクール(特にキリスト教プロテスタント系の中学校)の入試日移動によるものなので、「ミッションショック」とも呼ばれています。
 
 

サンデーショックの背景

  • 東京都・神奈川の私立中学校は、私学協会のルール(入試解禁日)により、入試日程を「2月1日から」としています。一部の上位校は2月2日・2月3日を入試開始日としていますが、多くの上位校は2月1日を入試開始日としています。
  • キリスト教系(特にプロテスタント系)の中学校は、日曜礼拝と入試日程が重ならないように、例年入試を行っている日が日曜日となった場合は、入試日程を変更する場合があります。

サンデーショックの影響

  • 入試日程が変更になると、併願パターンが変わるため、キリスト教系以外の中学校でも試験日の変更や回数の増加などの動きが多く見られます。
  • 特に女子の上位校に「ミッション系」の中学校が多い為、サンデーショックの年は、女子の中学受験状況が大きく変動します。
  • 入試日程の移動により、例年は「併願」できない中学校が併願できるようになり、難易度の上昇・受験者数増加につながることがあります。

サンデーショックの影響例

  • 女子御三家の中学校
女子御三家の中学校は、例年2月1日入試の為、併願できませんが、サンデーショックの年は併願が可能となります。
女子学院:2/1→2/2に日程移動

  • 立教系の中学校
立教女学院と香蘭女学校は、例年2月1日入試の為、併願できませんが、サンデーショックの年は併願が可能となります。
立教女学院:2/1→2/2に日程移動
香蘭女学校:2/1のまま
 

プチサンデーショック

2月2日や2月3日が日曜になることを、「プチサンデーショック」・「ミニサンデーショック」と呼びます。
 

サンデーショックの年(2月1日が日曜日)

2004年、2009年、2015年

 

プチサンデーショックの年(2月2日が日曜日)

2003年、2014年

 

プチサンデーショックの年(2月3日が日曜日)

2002年、2008年、2013年

  • 最終更新:2008-06-28 08:57:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード